お知らせ

計算つきジグソーパズル【懐トレ・メモリーズ】は介護していた認知症の父親に向けて試作したジグソーパズルが基になっています。 認知症と診断されてから、徐々に新聞やテレビにも関心を示さなくなり、家にいる時間はぼーっと過ごすことが多くなりました。 そんな父親に、ひとり時間を楽しめる何かいいものはないかと探していたところ、ジグソーパズルが好きなことがわかり、それからは夢中で取り組むようになりました。 ピースが大きめで数が少ないジグソーパズルを探し購入していましたが、市販されているものの中には少なく、また絵柄もほとんどが子供向けのものでした。 そこで、【高齢者向けのイラスト】【扱いやすいピースの数と大きさ】【より楽しめる工夫】にこだわり、試作品を重ね、この計算つきジグソーパズル【懐トレ・メモリーズ】は誕生いたしました。  
上部へ戻る